H.A.P.とは?

 

 

軸の高さが設定できるH.A.P.は、ナットにかかる弦プレッシャーを各弦ごとに適正なテンションに調節でき、理想の弦振動を得ることができます。演奏時におけるサスティーンやアタック音も向上するとともに、奏者に合ったテンションコントロールができるので、長時間の演奏も疲れません。H.A.P.は、ノーマル軸に対し、マイナス方向に多く可動するように設定されているため、ストレートタイプのネックに使用すると有利です。

 

H.A.P.-Aは、軸可動量がノーマル軸に対しプラス方向に多く可動するように設定されているため、アングルタイプのネック(フォークギター等)に使用するとテンションも弱くなり、演奏時のサスティーンも向上します。

 

H.A.P.システムとマグナムロックを合わせ持つシステムです。
すでに定評のあるH.A.P.Mですが、従来の機能はそのままに、1、2、3弦側の弦通し穴を小さくすることで今までよりも確実に弦ロックできるようになりました。特にストレートタイプのネックでは、各弦のポストに段差を付けることで弦押さえなしでも理想のテンションが得られるため、アーミング時のマシンヘッド部やナット部での狂いが少なくなり、演奏時のチューニング安定性が向上します。

■H.A.P.の正しい取り扱い方法  

■H.A.P-Mの正しい取り扱い方法